応募先の選定からスケジューリングまで、妥協せず、戦略的に組立てる

戦略的な転職プランニング

当社では「いち早く内定を頂くこと」ではなく、「応募企業の中からどの順番で内定を頂くか」がはるかに重要だと考えております。このため他のルートで入手された求人案件も含めて、どの企業様から応募していくべきか、どんなスケジューリングで進めるべきか、についても一緒に戦略的に考え、ご提案させていただきます。

スケジューリングの最適化は、転職活動における大変重要な提供価値です。
当社では、まず転職希望者ご本人(以下、ご本人)のここまでのご経歴だけでなく、転職に至った背景や今回の転職で実現したいことなどを細かくお伺いします。その上で、どの求人が一番ご本人の意向に合致しているのか、どの求人がスムーズに内定を頂けそうか、などを一緒に考えて参ります。例えば、第三希望の会社から一番最初に内定を頂き、第一、第二希望の選考を残して結論を出さなければならない、というケースが往々にしてあります。戦略的にスケジューリングをすることで、そのような事態は回避出来るのですが、スケジューリングが充分でない場合、他に惹かれる会社があるのにも関わらず、入社の意思決定をするのか、それとも止む無く辞退をするか、という決断を迫られることになります。

こうした事態を回避するためにも、スケジューリングの最適化は大変重要なのですが、応募先の選定、スケジューリングを戦略的に実践されている方は案外少なく、たまたま紹介会社や広告媒体等を通じて見つけた順番に従って応募されているケースが多いのが実情です。志望度と難易度を客観的な立場から整理をして、当社ノウハウの中でグルーピングを行い、戦略的な面接設定を共にプランニングをしていくことで、効果的かつ満足度の高い転職活動をサポートさせていただきます。

また、「とにかく早く内定をもらえればいい」というスタンスでの求人案件の紹介は行っておりません。特に急いでいるわけではなく「いい求人案件があれば転職を考えてもいい」というスタンスの方も当社では大歓迎です。実際に1年、2年と数件しか求人案件をご案内できなかった方に、ピッタリの求人案件が発生し、転職活動開始後初の面接でそのまま内定、ご入社に至ったというケースも珍しくありません。たまたま目の前にある求人案件に応募するのではなく、妥協しない転職活動をサポートさせていただくことで、とても前向きに転職活動を終えられる方が多いのも当社の特徴です。

さらには、当社から見てその方に非常にマッチした企業があれば、求人案件が顕在化していない場合には、事前にご本人の了解を得た上で、その企業へ打診させていただくということも行っております。結果として、企業様側で募集を行っていなかったポジションで内定、入社が実現し、双方に非常に喜んでいただいているといった実績も数多くございます。

戦略的な転職プランニングのポイント

  • ・全求人案件を転職希望者基準で整理し、応募の順番も含めて戦略的にスケジューリング
  • ・待つことも覚悟の上で、安易に妥協しない転職をサポート
  • ・ときにはご希望の合致した転職実現のため、能動的に企業に働きかけて、求人案件(採用枠)を創出
PAGE TOP